(望む現実を創るには)どのような自分になりたいか、ということだけを行動に起こしてください。自分の望むものを「見る」「感じる」それに「なりきる」。この一、二、三のステップです。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

まず、自分がなにを望んでいるかを見ます。
次に、それを感じてください。知ってください。望んでください。
そして、それになりきります。行動に起こします。
それのみを、行動に起こしてください。
どのような自分になりたいか、ということだけを行動に起こしてください。

自分の望むものを「見る」「感じる」それに「なりきる」。
この一、二、三のステップです。

以上、ダリル アンカ (著), 関野 直行 (翻訳)『バシャールペーパーバック〈6〉ワクワクを生きると自然に「いま」を生きられる。 (VOICE新書)』P.176より引用させていただきました。

まずは目標を明確に!ですね。
目指す場所が分からなければ、出発するのに困ります。

感情が家を造る大工さんのようなものですから、あたかもそれが実現したようにイメージし、そしてその充実感、ワクワク感、感謝の心を先取りしてありありと感情として感じることが大切のようです。

そして最終段階は、可能な限りそれになってしまう!ですね。
しっかり演じて、環境もできるだけそれに近づける。

そうすれば、自分の望む現実を創ることができそうです。

MAL02005

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ