だとしたらさとりを開いても(現世的に)良いことは何もないことになる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 79

さとりを開いてすべてが同じ意識だと自覚したのなら
お金持ちになりたいとか、有名になりたいとか、モテたいというのはなくなることになる
なぜならこれらの思いは他と比べるから発生する思いだからだ

さとりを開いたなら他と比べるのは無意味だ
だってすべての人は自分だからだ
自分と自分を比べようがない
たった一つしか存在しないものを比べようがない

だとするならば
現世的な欲求を満たすためにさとりを開こうとするのは
自己矛盾を引き起こしてしまうはずだ

さとりを開いたからといって
金持ちになるわけでも、有名になるわけでも、モテるわけでもない
さとりを開いた人は、自分を金持ちと思うことは不可能だ
自分を有名だと思うことも不可能、自分がモテると思うことも不可能
自分以外に比べる対象が存在しないからだ

すべてがひとつであると自覚している意識に
比較という概念は存在しないはずだ

たとえば人間というひとつの肉体において
親指が人差し指に比べて短いと比較ができるのは
本来ひとつである人間の肉体を
親指と人差し指とに分離しているからだ

分離して初めて
比較というものが可能になる

MIL62002

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする