死という概念は、簡単に言うと、「意識の集中している焦点が変わる」ということです。(略)人が死ぬというのは、その人の意識が肉体を超えてさらに拡大した、ということなのです。 : バシャール スドウゲンキ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

死という概念は、簡単に言うと、「意識の集中している焦点が変わる」ということです。
(中略)
人が死ぬというのは、その人の意識が肉体を超えてさらに拡大した、ということなのです。

以上、須藤 元気/ダリル アンカ (著), 須藤 元気/尾辻 かおる (編集), 大空 夢湧子 (翻訳) 『バシャール スドウゲンキ』P.172より引用させていただきました。

さて、このバシャールのいうことが正しいとしたら、私たちはそれをどうやって確認するのでしょうか。このことが正しいのだと証明される日はいつか来るのでしょうか。

しかし、少し乱暴に言ってしまえば、現在の地球の常識では人が死ぬと完全な無になると言われています。なので、もしこっちの方が正しくても、無になるのだから、死を認識できませんから、ほんとに死んだあとに無になってしまったとしても、それを後悔する自分もいません。

つまり、本当に死後に人は無になるなら、そのことを考えても無駄ということです。
まさに死後について考えることは無意味です。だって無になるんだから。

死はその人にとっては存在しないんです。
その人の死を、その人は、触ることも見ることも匂いを嗅ぐことも聞くこともまったく何もできず認識出来ないのですから、それを地球人の常識で言えば、「死は存在しない」なのです。

OBJ01046

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする