【バシャールの研究】バシャールの語るテレポートの原理とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

テレポートをするためには、もしくは、自分を異なる場所に再生するためには、瞬間的に肉体を持たない状態になることが必要です。
ですから、エゴの部分を無条件の愛をもって、安心させてあげる必要があります。
そうすれば、エゴを失う怖れがなくなります。

以上、ダリル アンカ (著), 関野 直行 (翻訳)『バシャールペーパーバック〈5〉望む現実を創る最良の方法はワクワク行動をすること。 (VOICE新書)』P.278より引用させていただきました。

以下引用した文章の前後からテレポートの原理についてまとめてみます。

A地点からZ地点にテレポートする場合、Aにいるということは、Aにいる時の自分の固有振動数に自分の波動を合わせている。

自分が行く場所の固有振動数に自分を強く一致させることにより、Z点における波動となることができる。
あとは、ただ、自分を行かせてあげればいいだけ。

具体的には、点Zの固有振動数を感じながら、同時に、時間と空間のない状態、それでいて中心はしっかり定まっている状態にする。自分の魂の目を、すでにZの場所に置いて、そこから見始める。

しかし、私たちのほとんどは、ほんの一瞬でも「いまの自分」から離れることができない。
エゴは、物理次元の構造の中にしか存在せず、そこから一時でも完全に退くというのは、自分自身が消滅させられることだと思い込んでいる。

しかし、テレポートのためには、瞬間的に肉体を持たない状態になることが必要である。
……と、ここから引用した部分につながります。

OBJ01027