みなさんが自分自身で経験している人生というものは、すべて自分に責任があるということからお話しましょう。 人生というのは、すべて自分自身で創り出しているということについてです。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 77

みなさんが自分自身で経験している人生というものは、すべて自分に責任があるということからお話しましょう。
人生というのは、すべて自分自身で創り出しているということについてです。
あなたのまわりで起きているいろいろなことは、あなた自身が創り出しているということです。

以上、ダリル アンカ (著), 関野 直行 (翻訳)『バシャールペーパーバック〈1〉ワクワクが人生の道標となる。 VOICE新書』P.128より引用させていただきました。

数年前までのわたしなら、このバシャールの言葉を、「冗談じゃない!すべてが自分の責任のわけがない!」と、はき捨てていたでしょう。

でもいまのわたしは、ひょっとしたらそうなのかもしれない、と思っています。
いや、おそらくそうなんだろうと考えています。

そういうふうに考えが変わったのはどうしてだろう?と自分に問うと、自分の深い部分では、なんとなく特に理由もなくそう(自分自身で経験している人生というものは、すべて自分に責任があると)思っていることに気がつきます。

2013.8.29追記

この自分の人生は自分で創っているから、責任はすべて自分にあるというのは、二段階での理解が可能です。

第一段階は、ごく一般的なそういう意味です。
人間がオギャーとこの世に生まれてから人間は毎瞬毎瞬自分で選択をしています。
すべては選択です。選んで行動しての繰り返しが現在の自分です。
たとえ誰かに強制された場面があったとしても、それを許す選択をしたのは自分です。

そういう意味ではごく常識的に考えても人生はすべて自分に責任があるという見方は可能です。

次に第二段階ですが、もしバシャールの言いうように、地球に生まれてくる時にでさえ自分でその環境を選んで生れて来るとしたら……さらにこの現実は幻想であり自分の意識の反映であるのなら……夜見る夢のすべては自分が創っているとは誰でもが認めると思いますので、この現実は夢であるというバシャールの言葉を信じるなら、当然人生の責任はすべて自分にあることになります。

だとしたら……
ここが一番大切なポイントになります。

だとしたら……
自分の人生はすべて自分が創っているとするならば、当然、
自分の人生は自分の望むように創ることが可能ということになります。

MIL20015//1

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする