【バシャールで哲学】意識というものは電磁場によって投影されているものなのです。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

意識というものは電磁場によって投影されているものなのです。電磁場があることによって、あなたの意識が投影されます。だからテレパシーがあるのです。あなたの意識の電磁場が、あなたのまわりのすべてのものの中から、どこかの電磁場とつながることによって、テレパシーを感じることになります。
(中略)
すべての物質というものは、電磁場の中の振動によって起こっているということを、まず認識してください。ですから、人間の中の意識の部分のバランスを取るためには、たとえば音のようなものを使ってもいいかも知れません。

以上を、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳) 『バシャール・ペーパーバック1―ワクワクが人生の道標となる (VOICE新書)』P.242より引用させていただきました。

意識と電磁場というのは容易には結び付きませんが、人間には微弱な電流が流れているという話や脳の活動は電気的なものであるようなので、意識が電磁場によって投影されていてもおかしくないのかも知れません。

でも普通電磁場というと、その電磁場をつくるための電気が必要であり、であるならば、意識という電磁場に投影しているその基となるエネルギーはなんなのか?と考えてしまいます。

当然、そのエネルギーとは無条件の愛なのでしょう。
あるいは、光なのでしょう。

でもいまひとつ電磁場と意識の関係はピンときません。

……ということで、意識と電磁場について深く掘り下げてみようとしたのですが、物理学的な知識があまりないことに気づいたので、ちょっと無理があるようです。(^-^;

さらに、物質は電磁場の中の振動によって起こっているとのことですが……。
(電磁場が海だとしたら、振動が波なのでしょう。そして振動=波動?)

物質に関しては、こんなバシャールの言葉もあります。

物質とは、みなさんの意識にある波動を表して投影している象徴、シンボルなのです。 : バシャールを生きる

「思考」と「もの」の間に分離はありません。思考と物質とどちらが重要かという問題でもありません。思考とは、物質そのものです。そして物質とは、思考そのものなのです。 by バシャール

まあとにかく昔からオカルト関係の話において、この電磁場というのは重要なキーワードになっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ