韓国ドラマ『となりの美男<イケメン>』第十一話にバシャールの言葉「愛することが人を知ることだ」を発見!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 88

録画していた韓国ドラマ『となりの美男<イケメン>』第十一話を観ていたらドラマのほぼ中ほどで、主人公の口からこんな言葉が飛び出した。

「愛とは相手を知ることなんです」

韓国語での原文は分からないが、日本語訳では、こうなっていた。

ん?このセリフ何処かで聞いたことがあるぞ!と思った。

そうだ、バシャールの言葉に似たようなのがあったはずだ。

確か……

そうそうこれこれ

つまり、この考え方は「愛することが人を知ることだ」ということです。世の中では人を知ることが愛することだというように考えられていますが、実はその逆なのです。 : バシャールの学校

意味的には、ほとんど同じですよね。

こちらも英語の原文はどうなっているか、わかりませんが。

ちなみに、バシャールの「愛することが人を知ることだ」は、『バシャール・ペーパーバック2―人生の目的は「ワクワク」することにある (VOICE新書)』P.32に掲載されています。

1987年5月19日のセッションでバシャールがテレパシーについて語った時の言葉です。

まさかこのドラマの脚本家がバシャールの本を読んでいたとは考え難いですが、偶然の一致というか、真理は誰が語っても一致するというか、とっても奇遇ですね。(^-^;


となりの美男<イケメン>DVD-BOXI


となりの美男<イケメン>DVD-BOXII