【バシャールで哲学】見たい夢を見る方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

バシャールが言うには、この現実は夢で、いわゆる夜見る夢が現実である。(現実に近い)
だから、この現実という夢の中で、これは夢なんだと気づけば、見たい夢を見ることができる。
すなわち、望む現実を実現することができる。

とのこと。

本当にたまにですが、私も夢の中で、これは夢だと気づくことがあります。
でもあれですね、夢の中でこれは夢だと気づいても、本当に夢なのかどうか自信がないときもあります。

夢の中でこれは夢なんだと気づいた時、空を飛ぶことができた時もありますし、無から有を生み出したこともあるし、ある特定のものをそのまま変形させたこともあります。

これらの経験はほんのたまに経験したことであり、常時経験していることではありません。
でも、そのやり方をこの現実に適用すれば、夢の中でこれは夢だと気がついて夢を好きなように変えたやり方を思い出してこの現実に適用すれば、この現実も変えることができるはずです。バシャールの言うことが正しいのなら。

ただ

この現実の世界ではもっと眠っている度合いが深いのです。この物理的な世界というのは非常に圧力のかかった夢(フォーカス度の高い夢)なのです。 : バシャール・スピリット

ともバシャールは言っていますので、夜見ると夢とこの現実という夢では若干その望む現実実現の自由度に差がありそうです。

……ということで

見たい夢を(この現実で)見る方法は……

夜見る夢の中でこれは夢だと気がついて、その夢を変えてみる。
夢の中でのそのやり方を覚えておいて、それをこの現実という夢の中に適用してみる。

となりそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ