自分の観念体系すべてを使って、情熱を傾けているものに集中した後、それを実現させるための最良の方法は、「それを手放し、ゆだねて、実現するかどうか気にしない」ということです。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 77

自分の観念体系すべてを使って、情熱を傾けているものに15分集中した後、それを実現させるための最良の方法は、「それを手放し、ゆだねて、実現するかどうか気にしない」ということです。

以上、本田 健 (著), ダリル・アンカ (著), 江藤ちふみ (編集), 島田真喜子 (翻訳) 『未来は、えらべる! バシャール 本田健』P.84より引用させていただきました。

物質次元の意識は、情熱を傾ける対象に意識を集中したことでその役目を終えたので、後は高次の意識に委ねるんだそうです。

そうすると高次の意識は、実際に起きるべき方法でちゃんと実現してくれるそうです。

やるべきことはちゃんとやって、あとは神に委ねるって感じでしょうかね。
人知を尽くし天命を待つという言葉もあります。

2013.8.28追記

それにしても15分の集中って凄まじいものがありますね。
かなりハードだと思います。

集中した後は、高次の意識の導くままに、行動していくって感じでしょうか。
だとすると、高次の意識を感じやすくしておく必要がありますね。

この「それを手放し、ゆだねて、実現するかどうか気にしない」というのは、天使にお願いするときの作法と同じなので、大変興味深いです。

MIL22069//1