【ワクワク・バシャール!】ある感情を癒し変化させるためには、その感情が自分の中にあると認めること、そして、その感情が存在するのには、ちゃんと理由があると受け入れること。そのうえで、その感情の裏にはどのような観念があるのかを見ていく。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

ある感情を癒し変化させるためには、その感情が自分の中にあると認めること、そして、その感情が存在するのには、ちゃんと理由があると受け入れることです。そのうえで、その感情の裏にはどのような観念があるのかを見ていきます。

以上、本田健 (著), ダリル・アンカ (著), バシャール (著), 江藤ちふみ (編集), 島田真喜子 (翻訳) 『未来は、えらべる!』P.153より引用させていただきました。

観念がなければ、感情は経験できない。

ある感情を体験しているということは、その感情をつくっている観念があるということ。

その観念がどんなものなのかを見つけて確認し、その観念を変えること。

それによって自動的に感情は変わっていくとのこと。

もうすでにそうである現実は過去であり変えることは出来ない。

変えることが出来るのは、現実に対する意味づけ、解釈などの観念。

あるいは、変えることが出来るのは、何を信じるか。

でもその前に自分が何を信じているのか、知らなくてはならない。

みなさんの意識や無意識の中に自分にとって真実ではない観念や思考、感情があるときには、自分にとって好ましくない現実としてそれを人生の中に映し出して見せてくれるのです。 by バシャール

何かイヤ~な気分や感情を感じたら、それは自分らしくないことをしているというサイン! 本当に自分が望んでいることからズレているよ!と教えてくれる警笛! 本当に自分に大切なことが見えてくる! :『あっという間に奇跡が起きちゃう魔法の本』

あなたの思考があなたの放射する波動の周波数を決めています。そしてあなたの感情があなたがどの周波数と同調しているかを、たちどころに教えてくれるのです。 :『ザ・シークレット』をバシャール的に読書する

「あなたは自分の考えているものというよりは、むしろ、自分の感じているものを受け取っているのです」 :『ザ・シークレット』をバシャール的に読書する

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする