【ワクワク・バシャール!】感情は、観念が生み出す「副作用」です。また感情は、あなたが「どんな観念を本当だと信じているか」ということを知らせる≪警報システム≫なのです。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

感情は、観念が生み出す「副作用」です。
また感情は、あなたが「どんな観念を本当だと信じているか」ということを知らせる≪警報システム≫なのです。

以上、本田健 (著), ダリル・アンカ (著), バシャール (著), 江藤ちふみ (編集), 島田真喜子 (翻訳) 『未来は、えらべる!』P.153より引用させていただきました。

じゃあ観念の生み出す主な作用はなんなのか?

まわりにある現実は、すべてイマジネーションから創られています。想像力とは、まわりの物理的現実を創る設計図のようなものです。想像力の中にある観念によって、どのようなタイプの物理的現実を体験するかが決まります。 : バシャールの学校

自分の波動以外の現実を体験することはできません。みなさんが体験している現実は、みなさん自身の波動の反映にすぎません。そしてその波動は潜在意識、もしくは表層意識で「一番、強く信じている観念」によって決まります。 : バシャールの学校

宇宙には、元となるひとつのエネルギー、感動があり、すべてのものはこれらの波動でできています。すべてのものは元となるひとつのエネルギーから発生しているわけです。 : バシャールの学校

ザックリと言って、観念の生み出す主な作用とは、現実創造に関すること、なんでしょうね。

イマジネーションによって現実創造の青写真が示され、観念から感情が生まれ、感情から思考パターンが生まれ、思考パターンが実際に現実を創っていくのでしょう。

その一方で感情は、「どんな観念を本当だと信じているか」の≪警報システム≫にもなりえる。

すべてみなさんの中にあるのです。物理的な現実は、みなさんが真実だと信じているものの産物です。自分がこれが真実であると思っている、もっとも強い思考、観念、感情が外に映し出されているのです。 : バシャールの学校

自分が創造してしまった現実がすでにそこにあり、その現実に対してなんらかの観念を抱くと、感情が生まれる。
そのときの感情が好ましくないとき、すなわちネガティブな感情であったとき、この感情が、「あなたは真実とは違う観念を抱きましたよ」との≪警報システム≫になりえるということだと思います。

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする