【ワクワク・バシャール!】いま関わっている人がどんな相手であろうと、自分が学ぶべきことをその人から学んでいる限り、少なくとも関わりのある期間中は、その相手は「ソウルメイト」なのです。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 79

いま関わっている人がどんな相手であろうと、自分が学ぶべきことをその人から学んでいる限り、少なくとも関わりのある期間中は、その相手は「ソウルメイト」なのです。

以上、本田健 (著), ダリル・アンカ (著), バシャール (著), 江藤ちふみ (編集), 島田真喜子 (翻訳) 『未来は、えらべる!』P.145より引用させていただきました。

避けらない人間関係というものがありますからね、それはもうすでにそうであるもののように、どうすることもできない。

それらはどうすることもできない過去のように受け入れるしかない。

そしてどうせ受け入れるなら、肯定的な意味を与えて肯定的な結果を得た方が、得です。

いかなる時もそれを肯定的に意味づける方法は、それを学びとしてしまうことです。