「ネガティブな方法で変容を経験する必要はないのだ」と意識していれば、また、怖れに惑わされなければ、たとえ厳しい状況の場所にいても、みなさん自身に何かがふりかかることはありません。 : バシャール 2006

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 79

「ネガティブな方法で変容を経験する必要はないのだ」と意識していれば、また、怖れに惑わされなければ、たとえ厳しい状況の場所にいても、みなさん自身に何かがふりかかることはありません。

以上、ダリル・アンカ (著), 大空 夢湧子 (翻訳) 『BASHAR(バシャール) 2006 バシャールが語る魂のブループリント』P.⑲より引用させていただきました。

持っている波動のためにある場所に引きつけられて、ダメージを受けるようなことや死を体験する人々もいるかもしれません。

だけど、自分の中にバランスと情熱を保ちつづけるなら、過激な方法で変容を体験するようなところに引きつけられることはないそうです。

……ということで、ネガティブな未来を期待したり、予想したりしても、ワクワクはしないので、ワクワクする未来を期待し、予想したほうが良さそうです。

MAL01002

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする