人は愛と共にこの世に生まれて来ました。そして愛は人が持てる唯一のものです。生きている間、前向きな事を選び、気分を良く過ごす時はいつも、あなたは自分の愛を与え、愛で世の中を照らしています。 :『ザ・パワー』をバシャール的に読書する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 79

人は愛と共にこの世に生まれて来ました。そして愛は人が持てる唯一のものです。生きている間、前向きな事を選び、気分を良く過ごす時はいつも、あなたは自分の愛を与え、愛で世の中を照らしています。そしてあなたが欲しい物、夢に見たもの、愛するものの全てが、あなたにもたらされることでしょう。

以上、ロンダ・バーン (著), 山川 紘矢 (翻訳), 山川 亜希子 (翻訳), 佐野 美代子 (翻訳)『ザ・パワー』P.309より引用させていただきました。

さてこの本では1冊丸ごと愛の素晴らしさについて語っています。

愛を与えればすべては解決すると言っています。

しかし私は……

ときに愛を与えていません。

頭とハートが分離しています。

ただ愛を与えればすべてはうまくいくとわかっていながら

それをしない……

幸せになる方法がすぐそこにあるのに

それをやろうとしない……

なぜ、ときに私は

人に愛を与えないのだろう?

頭ではわかるけれど、心の中ではわからない、できない、という時、それは次のようなことをいっています。「私は自分の頭と心が別々のものだという定義づけを選択しています」と。 : バシャールの学校

理解というのはすべてのレベルで行われます。すべてのレベルでわかったということは、そういうやり方を生きるということです。それによって自分の人生、まわりのものが変わってきます。 : バシャールの学校

みなさんはひとつの存在です。頭(マインド、思考)と心(ハート、感覚、気持ち)はひとつのものです。たとえ体の中で分離しているように見えていても。体(ボディ)というのは比喩(メタファー)にすぎません。 by バシャール

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする