人生において最大の喜びは「与える」ことです。そして、人が与えることができるのは唯一つ、それは愛です。あなたの愛、喜び、前向きな姿勢、気持ちの高揚、感謝そして情熱、これらは人生の真実であり、永遠に続くものなのです。 :『ザ・パワー』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

人生において最大の喜びは「与える」ことです。そして、人が与えることができるのは唯一つ、それは愛です。あなたの愛、喜び、前向きな姿勢、気持ちの高揚、感謝そして情熱、これらは人生の真実であり、永遠に続くものなのです。

以上、ロンダ・バーン (著), 山川 紘矢 (翻訳), 山川 亜希子 (翻訳), 佐野 美代子 (翻訳)『ザ・パワー』P.308-309より引用させていただきました。

愛ってなんなんでしょうね。

ツール〈原則・知識〉「無条件の愛」だけが唯一「本当の現実」。いわゆる「現実」はそれを解釈した「現実の”経験”」にすぎない : BASHAR(バシャール) 2006

無条件の愛以外の現実は、オンライゲームや映画やテレビドラマのような言わばバーチャルな世界ってことでしょうね。

愛の世界だけがリアルな世界で、それ以外は、仮想の世界なんでしょう。

私たちは仮想現実の体験をリアルだと思っている。

「大いなるすべて」の持つ固有の波動――「無条件の愛」の波動だけが唯一リアルなもの。「現実」と呼んでいるものは、その唯一リアルなものを、パーソナリティの構造を通してフィルターにかけ、解釈した「現実の経験」にすぎない。 by バシャール

愛をパーソナリティで解釈したものが、いわゆる、現実?

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする