自分もこの地球全体の、ほんの小さな一部だと感じるとき、あるいは地球全体も自分のより大きな部分を反映しているだけだと思えるとき、入ってくるエネルギーはすべて、地球に流してあげることができます。:バシャール 2006

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 79

自分自身を自然から切り離してしまうと、新たなエネルギーが入ってきたときに自分の中でショートを起こしてしまいます。

自分もこの地球全体の、ほんの小さな一部だと感じるとき、あるいは地球全体も自分のより大きな部分を反映しているだけだと思えるとき、入ってくるエネルギーはすべて、地球に流してあげることができます。

以上、Darryl Anka (著), 関野 直行 (翻訳)『バシャールペーパーバック〈4〉ワクワクこそが、ひとを深くいやす力がある。 (VOICE新書)』P.246より引用させていただきました。

新しいエネルギーが来るときに、摩擦や抵抗があると痛みが出てくるそうです。
この摩擦や抵抗は、自分の中にやってきているものと自分は違う、差がある、と定義づけするときに起こるそうです。

自分の強さを、よく知ってくださいとのこと。

結局、あなたの一部なので、軽く流してあげてくださいとのこと。

やはり自然と触れ合う生活、自然に近い生活は、バシャール的にもいいようですね。 🙂

TAH02043