真の意味での静けさは、すべての人とつながっている状態です。その中に否定的なものは、なにもありません。すべてのものは、無条件の愛に値するものであり、平等です。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

真の意味での静けさは、すべての人とつながっている状態です。
その中に否定的なものは、なにもありません。
すべてのものは、無条件の愛に値するものであり、平等です。

以上、Darryl Anka (著), 関野 直行 (翻訳)『バシャールペーパーバック〈4〉ワクワクこそが、ひとを深くいやす力がある。 (VOICE新書)』P.238より引用させていただきました。

バシャールによると、「共感」とは、感情が平らになることだそうです。
バランスの取れた状態になります。

他の人に対しての真の共感は、自分の中に、まず心の平和がなければやってこないそうです。

共感とは「静けさ」である、ともいえるそうです。

ほんとうにバシャールの言うことは一般的に思われていることと逆です。

おそらく、一般的に言われる根本的な人としてのあり方の方向が、真実とは別の逆方向を向いているからなのでしょう。

無条件の愛を基盤とした人としてのあり方ではなく、エゴを満たすことを基盤とした人としてのあり方だからなのでしょう。

MIL20027//1

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする