人間関係とは、鏡を見るのと同じです。自分自身の別の側面を、そこに見ます。二人が昔した同意、どうやって相手に奉仕しあうかを、その相手が正確に反映して見せてくれます。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 79

人間関係とは、鏡を見るのと同じです。
自分自身の別の側面を、そこに見ます。
だからといって、まったく自分と違うことをやっている人が来たときに、この人は本当に自分の顔なのだろうかと見る必要はないのです。
二人が昔した同意、どうやって相手に奉仕しあうかを、その相手が正確に反映して見せてくれます。

以上、Darryl Anka (著), 関野 直行 (翻訳)『バシャールペーパーバック〈4〉ワクワクこそが、ひとを深くいやす力がある。 (VOICE新書)』P.215-216より引用させていただきました。

人間関係が鏡を見るのと同じだというのは理解できます。

ネット上でも、テレビを見ていても、そこに何か引っかかるもの、何か否定したいものがあれば、それと同じものが自分の中にもあるということですね。自分の中にそれがあるから、他人のそれに気がつくのですね。

自分の中に無いものは、当然鏡にも映らないということだと思います。

相手に奉仕しあうために生まれてきた、そういう側面も私たちにはあるんでしょうね。
だって私たちの本質は無条件の愛ですからね。
そして唯一のリアルは、愛ですから。

MIL20050//1