ほとんどの人は状況が変わったらしあわせになれると思っています。でも、これは逆です。しあわせな出来事を考え、感じるようになったときに現実が変わるのです。 :『あなたの望みを世界一早くかなえる本』

シェアする

ほとんどの人は状況が変わったらしあわせになれると思っています。
でも、これは逆です。
しあわせな出来事を考え、感じるようになったときに現実が変わるのです。

以上を、ブレンダ (著) 『あなたの望みを世界一早くかなえる本―365日、幸運を引き寄せる「シンプルな法則」 (王様文庫)』 P.59より引用させていただきました。

このことは、長くこのウェブサイトをご利用の方にはもう周知のことですよね。

なので今回は、私なりの考察を述べてみたいと思います。

考えるのは思考です。

思考は過去や未来に生きようとする。

だから、それを現在に引き渡すために

意識を使う。

そして、意識を使うためにはどうするか?

(あの ブルース・リーの言葉のように)

「考えるのではなく、感じるのです!」

と、なるんだと思いますね。

つまり、ある見方をすれば

現実を変えるのは思考ではなく、意識

なのでしょう。

さらに言えば、自分の波動を変えるのも

思考ではなく感情、すなわち感じること

なのでしょう。

さらにさらに言えば

思考ではなく、感情として感じたとき

それはわかったことになり

思考と行動の統合が見られるのでしょう。

「フォース(意力、精神的な力)を使え」と「自分が何をしているか、何者であるかということを自分はすでに知っているのだと信頼すれば、やるべきことは自分の中から自然にあふれ出してくる」 : バシャールの学校