あなたは常に何かを信頼しています。たとえその信頼の対象が怖れであったとしても。怖れというのは、信頼が欠如している状態ではありません。その信頼の対象が真実のあなたと一致していない、というだけです。 : バシャールの学校

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

あなたは常に何かを信頼しています。
たとえその信頼の対象が怖れであったとしても。
怖れというのは、信頼が欠如している状態ではありません。
その信頼の対象が真実のあなたと一致していない、というだけです。

以上、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 北村麻紀 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック7―ワクワクとは、あなたの魂に打たれた刻印である (VOICE新書)』P.90より引用させていただきました。

ここでいう信頼は、信じることと言ってもいいんでしょうね。

信じる力は元々持っているんだけど、その対象が間違っていると、怖れなどのネガティブな感情を抱いてしまう。

真実の自分として、それを選択し、そして、それを信じればいいんでしょうね。

怖れを信じることが出来るなら、それとは反対のもの、別のものだって、信じることが出来る。

だって元々信じる力はみんなに備わっているんだから。

……って感じでしょうね。

だとすれば、何を信じるかが、大切になってきますね。

毎瞬毎瞬、自分が何を信じているか、知ることが大切になってきますね。

起こって欲しくないことを信じる必要はなくて、起こって欲しいことを信じればいいんですね。

そうすれば、信じたことが起こるでしょうし。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ