あなたにとって最大の喜びの方向に動けないと感じたときは、「行こうと思っていた方向とちょっと違うけれど、これならできるということをしてみる必要がある」というサインです。:バシャール 2006

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

あなたにとって最大の喜びの方向に動けないと感じたときは、「行こうと思っていた方向とちょっと違うけれど、これならできるということをしてみる必要がある」というサインです。

以上、ダリル・アンカ (著), 大空 夢湧子 (翻訳) 『BASHAR(バシャール) 2006 バシャールが語る魂のブループリント』P.330より引用させていただきました。

質問者の、チャレンジに息切れした時にはどうしたらいいですかに答えてバシャールは、そんなときは休憩してください、ただ自分に休みをあげてくださいとのこと。

そして、この引用した文章に続きます。

一見脇道にそれたように見えるかもしれないですが、それもやはり喜びの方向に向かって行動していることなんだそうです。

JPN02062

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ