「起きることを許してあげる」ということは、自分で責任をもっていて、そして機会がやってきたときに無視をせずに、すかさず、行動を起こすということです。「私はなにもしないで寝ている」というのではありません。 : バシャールの学校

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

「起きることを許してあげる」ということは、自分で責任をもっていて、そして機会がやってきたときに無視をせずに、すかさず、行動を起こすということです。
「私はなにもしないで寝ている」というのではありません。

以上、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック6―ワクワクを生きると自然に「いま」を生きられる (VOICE新書)』P.273より引用させていただきました。

わたしなんかも基本的には怠け者ですから、バシャールに「許してあげる(allow)」なんて表現をされると、許すんだから自分は何もしなくてもいいのかな?なんて楽なことを思ってしまいます。

でも、違うみたいですね。

チャンスにすかさず行動を起こすことが、起きることを許してあげるということだそうです。

同書P.273には

「あなたが、そのチャンスに対して行動を起こすという意志を見せることが、イコール、あなたがなりたい人になるという意志なのです」

とあります。

やってきたチャンスに対して行動を起こすことが、なりたい人になるということなんですね。