テレポテーションのやり方 : バシャールの学校

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 89

テレポテーションのやり方 : バシャールの学校

以下、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック5―望む現実を創る最良の方法はワクワク行動をすること (VOICE新書)』P.277-278をまとめさせていただきました。

点Aから点Zへテレポートする場合。

今、Aにいる時の自分の固有振動数に自分の波動を合わせている。
次に、自分が行く場所の固有振動数に自分を強く一致させることによって、Z点での自分の波動となることができる。
そうなったら、あとは、自分を行かせてあげるだけ。

この時、エゴの部分を無条件の愛で安心させる必要がある。
なぜなら、テレポートするためには、瞬間的に肉体を持たない状態になることが必要だから。
エゴは物理次元の中に存在しているが、テレポートの為には、一時的にそこから完全に退くことが求められる。

点Zの固有振動数を感じながら、同時に、時間と空間のない状態、それでいて中心はしっかりと定まっている状態にする。
自分の魂の目を、すでにZの場所にいて、そこから見始める。