植物は「正しいテクニックも知らないこんな自分が、まともな木になれるだろうか?」と心配しますか?それとも、自然さとパワーをそのまま受け入れ、恍惚感と喜びの中で、それらを表現するでしょうか? : バシャールの学校

シェアする

植物は「正しいテクニックも知らないこんな自分が、まともな木になれるだろうか?」と心配しますか?
それとも、自然さとパワーをそのまま受け入れ、恍惚感と喜びの中で、それらを表現するでしょうか?

以上、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック5―望む現実を創る最良の方法はワクワク行動をすること (VOICE新書)』P.270より引用させていただきました。

樹にとって自然とは
四季に応じて自分の姿を変え
気象条件に逆らうことなく順応し
花開き 葉を散らし 枝を休め
また つぼみを持つ

それを繰り返していく
繰り返しているのだが
一段上に螺旋階段を登っている

空を飛ぶ鳥は楽しそうにさえずり
人生を恍惚感の中で謳歌しているように見える

空を飛ぶ鳥はきっと
メタボにはならないだろう
空を飛ぶ鳥はきっと
心を病むことはないだろう

野を走り回る野生の動物も
きっとそうだろう

心身ともに健康で
生きることを謳歌しているのが
自然ということだろう