「不安」と「ワクワクする気持ち」は、本当は同じエネルギーなのです。自分が分離して疑いをもつとき、それは、不安になり、自分が統合されていて、自分を信頼しているとき、それは、ワクワクする気持ちになります。 : バシャールの学校

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

「不安」と「ワクワクする気持ち」は、本当は同じエネルギーなのです。
自分が分離して疑いをもつとき、それは、不安になり、自分が統合されていて、自分を信頼しているとき、それは、ワクワクする気持ちになります。

以上、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック5―望む現実を創る最良の方法はワクワク行動をすること (VOICE新書)』P.262より引用させていただきました。

自分自身をいろいろな部分に分けないで、もし、ひとつの部分がそのように感じたというのであれば、あなたはそのときには、完全にその部分だったと考えてくださいとのこと。

自分のここの部分はこうだが、あそこの部分はああだと言っているとき、物事を常に肯定的に考えようとしているのに、結局はいつも否定的な方に行ってしまうといっているのと同じ。

これはいわゆる、何々だけれどもでも……は、ノーと同じってことですね。
頭では分かっているんだけど実際には出来ないというのは、本当は分かっていないってことですね。

それに対して肯定的であるなら、自分のすべてで肯定すべきだ。
頭では分かっているけど行動には結びつかないというのは、自分を分離して考えている。

もしあなたが「イエス。でも……」と答えたとしたら、それは「ノー」と同じことです。ですから、それも認めてください。 : バシャール ゴールドより