ジョー・ビダリー博士 「私はほとんどいつも、そればかりしています。つまり、自分のワクワクする気持ち、情熱、夢中になれるものに従ってゆくのです。そして、一日中そうしています」 :『ザ・シークレット』をバシャール的に読書する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ジョー・ビダリー博士
「私はほとんどいつも、そればかりしています。つまり、自分のワクワクする気持ち、情熱、夢中になれるものに従ってゆくのです。そして、一日中そうしています」

以上、ロンダ・バーン (著), 山川 紘矢 (翻訳), 山川 亜希子 (翻訳), 佐野 美代子 (翻訳)『ザ・シークレット』P.288より引用させていただきました。

ジョー・ビダリー博士は、まさにバシャール的生き方をしていますね。

さきほど投稿した記事を以下に再び掲載してみます。

自分が一番ワクワクすることを楽しんでください。そうする時、一番自然に、なりたい自分になっているからです。その時初めて、本当になりたい自分になることができます。 : バシャールの学校

そして、さらにバシャールの決まり文句も。

どんな一瞬でも、自分が一番ワクワクすることを、自分でできる範囲でやってください。毎瞬毎瞬です。一歩ずつ行ってください。シンプルにしておいてください。 : バシャールの学校

自分が一番ワクワクすることを行動に起こすのだ、ということに忠実でいてください。でも、豊かさがどのようにやってくるか、その形は期待しないでください。期待を手放すとき、あなたは本当に豊かになるからです。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ