自分自身を完璧と見ていないとき、外に完璧なものを探そうとするとき、充実した満足のいく人間関係は手に入りません。面倒な人間関係をもたらします。満足して、充実しているとき、それを反映するような人間関係をひきつけます。 : バシャールの学校

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

自分自身を完璧と見ていないとき、外に完璧なものを探そうとするときは、充実した満足のいく人間関係は手に入りません。
とても面倒な人間関係をもたらします。
本当に満足して、充実しているとき、それを反映するような人間関係をひきつけます。

以上、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック4―ワクワクこそが、ひとを深くいやす力がある (VOICE新書)』P.208より引用させていただきました。

面倒な人間関係は御免ですね。

自分が完全ではないと思っている人は、だいたい同じような考えを持った人をひきつけるそうです。
そしてその人が、「あなたは自分のことを完璧ではないと思い込んでいますよ」と教えるんだとか。

自分のことを犠牲者だと思い、自分はどこかおかしいに違いないと思い込むと、そういう人間関係には、「自分は何かが間違った人間だ」ということが反映されるんだとか。

人間関係は、自分の中の、完全でないと思い込んでいる部分を反映して見せてくれる。
そして同時にそれは、自分がその部分を変えられるということ、そうバシャールは言います。

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする