すべての人は、もうすでに自分に必要なだけのパワーを持っています。自分の欲しいものを創り出すのに、他の人を傷つける必要はありません。自らが創造する力を持っています。それが「統一性」です。 : バシャールの学校

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 79

すべての人は、もうすでに自分に必要なだけのパワーを持っています。
自分の欲しいものを創り出すのに、他の人を傷つける必要はありません。
自らが創造する力を持っています。
それが「統一性」です。

以上、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック3―ワクワクするとき、ひとはもっとも多く学ぶ (VOICE新書)』P.252より引用させていただきました。

こんな自分だけどやる気になればなんでもできるんだ!
とは、何もしない言い訳にも使われますが、実は文字通りそうなのかもしれません。

つまり、潜在的にパワーは持っている。
だけど、そのパワーを使おうとしないだけ。
だからパワーが目に見える形で現れない。

他人を打ち負かして望む現実を創ることもできるし、そんなことをしなくても望む現実は創ることはできる。
どっちもが正しくて、あとはどちらを選ぶかだけ。

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする