自分が肯定的なほうに歩いて行きたいと思ったら、まず自分に肯定的な行動をさせてあげてください。そうすると、肯定的な結果が戻ってきます。絶対に百パーセント保証できます。例外は、ありません。 : バシャールの学校

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

自分が肯定的なほうに歩いて行きたいと思ったら、まず自分に肯定的な行動をさせてあげてください。
そうすると、肯定的な結果が戻ってきます。
絶対に百パーセント保証できます。
例外は、ありません。
どんな小さな例外も、ありません。

以上、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック3―ワクワクするとき、ひとはもっとも多く学ぶ (VOICE新書)』P.245より引用させていただきました。

とか言って、まあ、肯定的な意味づけをすれば肯定的な結果を得ると百パーセント保証されても、問題は、如何にしてネガティブだと思いネガティブな感情になっている自分が、それに対して肯定的な見方ができるか、だと思います。

肯定的な意味づけをすれば肯定的な結果を得るとは知っている。
だから自分もそれに対して肯定的な意味づけをしようとしている。

でも、あまりにもネガティブなことだと、それに対して肯定的な意味づけをするのが難しい時もある。
あるいは、あまりにも感情がネガティブに大きく傾いている時も、それは難しいでしょう。

となると後は、意志とか、決断力とか、そういう問題なんでしょうね。
どれだけ、肯定的に生きようとする思いが強いか、なんでしょうね。

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする