疑いを外に投げかけると、疑いに満ちた現実が自分のまわりに寄ってきます。不安と、自分では実現化できないような夢がきます。喜びを表現しているとき、その喜びを表現する機会が自動的に提供されます。 : バシャールの学校

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 79

疑いを外に投げかけると、疑いに満ちた現実が自分のまわりに寄ってきます。
不安と、自分では実現化できないような夢がきます。後悔とフラストレーションと罪悪感がやってきます。
喜びを表現しているとき、その喜びを表現する機会が自動的に提供されます。
願望、エクスタシー、そして充足感。

以上、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック3―ワクワクするとき、ひとはもっとも多く学ぶ (VOICE新書)』P.244-245より引用させていただきました。

疑いを外に投げかけるとは、疑いの目をもって現実を見るってことですかね。
疑いに満ちた現実ってどんな現実でしょう?
何も信じることのできない現実、他人を信じることのできない現実、自分が幸せになれるということを信じることのできない現実、でしょうか。

自分では実現化できないような夢が来るのは辛いですね。
フラストレーションがたまります。
そして、そんな自分に罪悪感が積もります。

じゃあ、疑いではなく、喜びを表現したらどうなるでしょう?
喜びを表現すれば自動的にそれを表現する機会が提供されるそうです。

誰から?
おそらく、宇宙から。

自分の喜びを表現するのは、エクスタシーであり、心には充足感があります。