みなさんに共通していることが、二つあります。そのひとつはまず、みなさんは「存在する」ということ。もうひとつは「自分が与えたものが自分に返ってくる」ということです。 : バシャールの学校

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 79

みなさんに共通していることが、二つあります。
そのひとつはまず、みなさんは「存在する」ということ。
もうひとつは「自分が与えたものが自分に返ってくる」ということです。

以上、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック3―ワクワクするとき、ひとはもっとも多く学ぶ (VOICE新書)』P.244より引用させていただきました。

私達は存在している?
はい、存在しています。

存在していなければ、このように考えることはできません。
ものごとを認識できません。

考えそして認識しているということは、存在しているということだと思います。

自分が与えたものが自分に返ってくる?
じゃあお金を与えればお金が返ってくる?

お金を与えるってどういうこと?
寄付すること?

でも、黙っていても、税金として、私達はお金をみんなに与えているのでは?
ああそうか、だからこそ、国から様々なサービスを”受け取って”いるのか……。

じゃあ、ギブアンドテイクってことか?
それじゃあ、身も蓋もないって感じだな。(^-^;

え?でも国からのサービスってお金じゃないよな。
国に対してお金を与えているのだから、国からお金を受け取るはずだが……

おそらくギブアンドテイクのように時間差があって原因と結果の関係ではなく
作用反作用の関係のように、原因と結果は同時に起こり、与えることと受け取ることは同時に起こるのだろう。
この場合は