「豊かさとは――」「自分がやりたいことを、やりたいときにできる才能」 お金というのは、この惑星上で豊かさを得るひとつの道具です。他にたくさんある豊かさの道具のなかの、たったひとつなのです。 : バシャールの学校

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

「豊かさとは――」「自分がやりたいことを、やりたいときにできる才能」

この中に「お金」という言葉はまったく入ってきませんでした。
お金というのは、この惑星上で豊かさを得るひとつの道具です。
他にたくさんある豊かさの道具のなかの、たったひとつなのです。

以上、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック3―ワクワクするとき、ひとはもっとも多く学ぶ (VOICE新書)』P.243より引用させていただきました。

ここまでをまとめてみます。

未知なものは怖いは、否定的な定義づけ。
定義づけを変えれば、自分がやるべきことを、やりたいときに、自分で知ることができる。
それを教えてくれる、助けになってくれる人をひきつけることができる。

でも、そちらの方向に動くのが怖いとき、助けになる人をひきつけることはできない。
宇宙は、自分はもうこれを学ぶ準備ができている、というものにしか豊かさを与えることはできない。

自分はダメだと思って一歩が踏み出せないでいると、宇宙はたくさんの宝物を持って待っているのに、その宝物に触れることができない。

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする