気前よく許せる人に、気前よく奇跡は起こる! 相手を許すということは、相手を放免してやることである。しかし、二度と放免する必要はない。 :『マーフィー100の成功法則』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 77

人を許すことは実にむずかしいことです。それがうまくできれば、あなたの人生に奇跡が起こります。そのテクニックを紹介しましょう。まず、心を静かにしてくつろぎ、緊張を解いてください。そして宇宙の大真理について黙想して、次のように肯定してください。
「私は○○(相手の名前を言う)をすっかり気前よく許してやります。私は精神的に彼を解き放してやります。私は例の件に関したことをいっさい、完全に許してやります。私は自由で彼(または彼女)も自由です。すばらしい気分です。今日は、私が大赦を与えてやる日です。私は、いままで私を傷つけたすべての人を放免してやります。そして、みんなに健康と幸福と平和と、もろもろの人生の恵みを祈ります。私はこのことを気持ちよく、喜んで、愛情を込めてやります。そして、私を傷つけた人のことを思い出したら、『私はあなたを放免してやったのだ。そして、すべての恵みはあなたのものだ」と言ってやります。私も自由であなたも自由です」

大島 淳一 著 『マーフィー100の成功法則 (知的生きかた文庫)』 P.216-217より引用させていただきました。

真の許し方、その重要な秘訣は、一度その人を許したら、祈りを繰り返す必要はないということ。
その人が頭に浮かんだり、傷を思い出すようなら、「汝に平安あれ」と言ってやる。

そのうちに、その人の思い出は色あせて消えてしまうそうです。

人を許すことの奇跡。

いいですね!

ああそうだ、今日はクリスマスイブなので、この奇跡を試すのに絶好の機会かもしれません。

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする