自分で”心の傷”に塩をすり込むおろかさ! 人を許せないのは、いつまでも痛みのとれない傷を持っているようなものだ。 :『マーフィー100の成功法則』をバシャール的に読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

誰かがあなたの心を傷つけたり、あなたについて嘘を言ったり、中傷したり、いろんな悪口を言った場合、あなたはその人のことを考えると否定的な気持ちになりますか。その人が頭に浮かぶと、はらわたが煮えくりかえるような気がしますか。
もしそうだったら、憎悪の根はまだそこにあって、あなたとあなたの善を破壊しているのです。
(中略)
心の傷がいつまでも痛むのはなぜでしょうか。それは、あなたが大生命の意図と反して許そうとしないからなのです。
よく考えてください。自分の考えや反応や感情の主人は、ほかならぬあなたです。あなたさえ傷つくまいと断固していれば、あなたの心は傷つくことはないのです。
そして、あなたの心を傷つけるようなことを言う人が出てきたら、その人のために祈り、祝福してやりなさい。というのは、この場合、他人を祝福するのはとりもなおさず、あなた自身を祝福していることになるからなのです。
他人を憎悪する心は、あなた自身を憎悪していることと変わらないのです。これが潜在意識の真理です。

大島 淳一 著 『マーフィー100の成功法則 (知的生きかた文庫)』 P.214-215より引用させていただきました。

これが潜在意識の真理……

見方によっては、とっても残酷ではあります。

さて、バシャールは何と言っているでしょか。

傷つきやすい人は、「自分が傷つきやすい」と信じることを選択しているだけです。 : バシャールを生きる

もし他人が否定的な意図をもってあなたになにかをしても、自分がそこから肯定的なものしか見ないと決めていれば、肯定的な結果しか得られません。自分自身の波動でない体験をすることはできないのです。 : バシャールの学校

もし、あなたが肯定的なものの見方をする人間であることを選択していれば、万が一、他人が否定的な意図をもってあなたになにかを行っても、あなたは、肯定的な結果しかそこから得ることはできません。 by バシャール

まわりの人が発する否定的な光があったとします。しかし、あなたがそれを吸収することを選択しなければ、それはただ通り抜けていくだけで、あなたに影響を与えることはできません。 by バシャール

他の人の選択を判断しないとき、他の人が別の選択をすることを許してあげるとき、その人達と否定的な感情をもたずに交流することができます。 by バシャール

誰がどんな意図を持っていても、あなたの個人的な現実の中で起きていることすべてにポジティブな意味づけをすれば、そこからネガティブな影響を受けることはない : バシャールの学校 – バシャール ゴールドより

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする