”負けおしみ”を言っている間は”負け組”だ 貧乏には美徳などひそんでいない。それはほかの多くの心の病気と同じく、一種の病気である。 :『マーフィー100の成功法則』をバシャール的に読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

もし、あなたの体が病気になったら、自分にはどこか悪いところがあると思うでしょう。そして直ちに助けを求め、その状態に対して何か手を打つでしょう。
同じように、もしあなたの生活の中でお金が十分に循環していないならば、あなたにはどこか根本的に悪いところがあるのです。

大島 淳一 著 『マーフィー100の成功法則 (知的生きかた文庫)』 P.98より引用させていただきました。

生命の原理は、より豊かな生活を志向しており、貧しいことは生命の本来の欲求にそむことだと、以下続きます。
あなたは本来、幸福で裕福で成功しているべきなのですと。

貧しいことの美徳が賛美されてきたのは、暴政や全体主義国家など、個人の価値を低く見るような体制下だったからで、あきらめとして貧しいことを讃えたのだと著者は言います。

生命の原理をねじまげていた時代の隠者などがあきらめとして作り上げた価値観に、いまのあなたが縛られるのはおかしいことだそうです。

とのことで、ちょっとカチンとくる部分もありますが、頷けるところも大いにあります。

生命の原理がより豊かな生活を志向するというのは、充分納得ができます。
であるなら人間も本来なら放っておいても豊かになるはずです。

そう言えばバシャールも、人間は生まれながらにして豊かで幸せになる権利がある、というようなことを言っていました。

あなた方の社会では、喜びというのは勝ち取らなければならないと思っていますけれど、本当は生まれた時の権利として、ずっと喜び、楽しんで過ごすことができるのです。 : バシャール・スピリット

成功とは、あなたが生まれながらに持っている権利です。成功するために何かを学ぶ必要もありません。なぜなら、あなたはただ存在しているだけで、すでに成功そのものだからです。 : バシャールの学校

ただ「自分自身でいる」という仕事をしているだけで、宇宙はあなたに報酬を払ってくれるだけではなく、常に昇給しつづけてくれます。あらゆる形の喜びと豊かさがあなたの人生に満ちてくるのです。 by バシャール

ここで、宇宙の秘密をもうひとつお伝えしましょう。とてもとても大きな秘密です。 「この宇宙には、すべての人に行きわたるだけの充分なものがあります。欠乏しているものは何もありません」 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ