「ワクワク」と「怖れ」は、同じものです。(略)自分がひかれるエネルギーを信頼するとき「ワクワク」になります。自分がひかれるエネルギーを疑うとき、それは「怖れ」になります。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 86

「ワクワク」と「怖れ」は、同じものです。
一方は肯定的な立場から、もう一方は否定的な立場から見たものです。
自分がひかれるエネルギーを信頼するとき「ワクワク」になります。
自分がひかれるエネルギーを疑うとき、それは「怖れ」になります。

以上、Darryl Anka (著), 関野 直行 (翻訳) 『バシャールペーパーバック〈3〉ワクワクするとき、ひとはもっとも多く学ぶ。 (VOICE新書)』P.240-241より引用させていただきました。

ワクワクと怖れが同じだなんて驚きます。
だって、ワクワクと怖れは正反対のように思えます。

だけど、バシャールの言う大原則、すべては中立であり、肯定的に見れば肯定的な結果を、否定的に見れば否定的な結果を得る、というのを考えると、驚くに値しないのかもしれません。

この引用した文章から、次の事が言えるかもしれません。

「怖れ」という感情を調べると、何に自分が惹かれているのかがわかるということです。
自分が何にワクワクするか、分からないときには、「怖れ」がヒントになるかも知れないということです。

「怖れ」が、自分の気がつかない「ワクワク」を教えてくれるかもしれません。

JPN02020