許せば叶う まとめ :『幸せの流れにのる方法』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 79

「こんなこと自分にできるわけない」という(思い込み)を外す。

「自分はこうあらねばならない」という(セルフイメージ)を変える。

そのためには、
「~できる」とアファメーション(断言)する前に
「~してもよい」とパーミッション(許可)してみましょう。

どうか忘れないで。
あなたは、自分が許可しさえすれば、何でもできるんだよ。
あなたは、自分が許可しさえすれば、どんな人間にでもなれるんだよ。

以上、矢野 惣一 (著) 『いいことが次から次へと集まってくる 幸せの流れにのる方法』P.156より引用させていただきました。

これってやっぱりバシャールの言う「何々するのを許す」という表現にとっても関係していると思います。
おそらくバシャールもこのことが言いたかったのではないでしょうか。

アファメーションの前にパーミッションするというアイデアも素晴らしいと思います。
いきなりアファメーションをしても、どうしても心の奥でネガティブな囁きが聞こえますから。

自分は成功してもいいんだ。
自分はありのままでいいんだ。

自分は自分を愛してもいいんだ。
自分は明るくなってもいいし、幸せになってもいい。
楽しく生きてもいいし、有名になってもいい。

友達がたくさんできてもいいし、お金持ちになってもいい。

いい いい いい

もしあなたが、「私は非常に楽に、自然になんでも手に入れていいんだ」「自分は喜びを感じていていいんだ」と思って生きているのなら、宇宙はそういうものを与えてくれます。 : バシャールの学校

なにも、あなた以外にあなたを止めているものはありません。宇宙はあなたに充分価値があると思っています。ただあなたが自分で受け取らないだけです。 : バシャールの学校