バシャールの名言:自分にパワーがないと信じることは、自分が死んでいきつつあるということを信じているということです。自分にパワーがない時、人にもパワーを持っていないことを望みます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 88

自分にパワーがないと信じることは、自分が死んでいきつつあるということを信じているということです。自分にパワーがない時、人にもパワーを持っていないことを望みます。

以上、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック1―ワクワクが人生の道標となる (VOICE新書)』P.33より引用させていただきました。

そうではなくて

ひとりひとりが、他人を傷つけることなく、自分も傷つけることなく、自分が欲しいもの、必要としているものすべてを創り出せるパワーを持っている。

ひとりひとりが、自分の欲しいものを全部創ることによって、ネガティブなもの、カルマ的なものも切れてしまいます。

そうバシャールは言います。

……ということで

私たちひとりひとりは自分の現実を自由に創っていくパワーを持っている。

そして実際にそれを毎瞬毎瞬使っている。

その結果がネガティブな現実だったとしても、それは自分が欲しがり、そして必要とした現実だった……となりますね。

自分本来の波動へと戻っていくための学びとして、その現実を欲しがり、そして必要としたということなんでしょうね。