ただ「自分自身でいる」という仕事をしているだけで、宇宙はあなたに報酬を払ってくれるだけではなく、常に昇給しつづけてくれます。あらゆる形の喜びと豊かさがあなたの人生に満ちてくるのです。 by バシャール

シェアする

ただ「自分自身でいる」という仕事をしているだけで、宇宙はあなたに報酬を払ってくれるだけではなく、常に昇給しつづけてくれます。
あらゆる形の喜びと豊かさがあなたの人生に満ちてくるのです。

以上、ダリル・アンカ (著), 大空 夢湧子 (翻訳) 『バシャール2006―バシャールが語る魂のブループリント』P.273より引用させていただきました。

本来の自分自身でいるだけで、こんなにいいことがあるだなんて、いいですね。(^_^)

以下、本来の自分自身についてのバシャールの言葉を集めてみました。

人生の目的とはただ、「できるかぎる自分自身でいる」、つまり、「大いなるすべてと調和のとれている自分本来の波動でいる」ということです。 by バシャール

「統一性を持って」毎瞬毎瞬自分が一番ワクワクすることをやっているとき、自分は何のために創造されたのかを感じ、自分はすべての創造物とつながっていると感じ、豊かさがすべて自分に戻ってきます。 by バシャール

みなさんがもっともワクワクすること、魅かれるもの、もっとも情熱を感じること、それらはすべて、「自分自身でいる」という人生の目的の「表現」なのです。 by バシャール

あなたが生まれたままの本来の自分自身でいると、「大いなるすべて」と自然に調和することができるのです。そして、その波動でいるとき、もっともリスクが小さいのです。 : BASHAR(バシャール) 2006

自分の欲しいもの、必要なものが入ってこないときは、本当の自然な自分を出していないときです。 by バシャール

すべての人が本来の自分自身であるときには、自然と他の人との調和が保たれ、みんなと調和することができるのです。そのとき、この世界は完璧なタイミングのダンスになるのです。 : バシャール スドウゲンキ

もし葛藤を起こすとしたら、それは調和した全体像から自分自身を切り離した状態になるときだけです。自分は全創造とつながっているのだということが理解できないとき、分離が起こり、葛藤が起きてきます。 by バシャール

……ということで

私なりにまとめてみると

本来の自分自身とは、「大いなるすべて」と調和している自分本来の波動でいる自分。(魂として生まれたままの波動?)
すべての創造物とつながっている自分。調和した全体像とつながっている自分。

具体的には、統一性を持って(自分も他人も傷つけることなく)毎瞬毎瞬自分が一番ワクワクすることを行動に起こしている自分。

本来の自分自身でいないとき、欲しいものや必要なものが入ってこないし、分離や葛藤が起こる。