「観念とは単にひとつの選択にすぎない」 「ある観念が必ずなければいけないという必然性はない」 「どの観念を選ぼうが選ぶまいが、それは自分の選択の問題。つまり、まったく自由に観念を選ぶことができるのだ」:バシャール 2006

シェアする

みなさんが人生で学んでいることは次のことです。
「観念とは単にひとつの選択にすぎない」
「ある観念が必ずなければいけないという必然性はない」
「どの観念を選ぼうが選ぶまいが、それは自分の選択の問題。つまり、まったく自由に観念を選ぶことができるのだ」

以上、ダリル・アンカ (著), 大空 夢湧子 (翻訳) 『BASHAR(バシャール) 2006 バシャールが語る魂のブループリント』P.187より引用させていただきました。

その観念がどんなにもっともらしく見えても、それらの定義・観念はひとつの”仮定”にしかすぎない。

スムーズに観念、思いこみ、仮定を変えるコツは、次のような観念をもつこと

「私はスムーズに、簡単に、継続的な形で自分の観念を変えることができる」

これがスムーズにそして早く観念を変えるコツだそうです。

MIL05082//1

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ