ひとつの定義・観念をつくる。それによって質問が生まれる。その質問から、また観念が見つかる。そしてまた質問が生まれる……。このプロセスは、自分の中にどんな観念があるのかを調べるためのたいへんパワフルなツールです。 by バシャール

シェアする

ひとつの定義・観念をつくる。それによって質問が生まれる。その質問から、また観念が見つかる。
そしてまた質問が生まれる……。
このプロセスは、自分の中にどんな観念があるのかを調べるためのたいへんパワフルなツールです。
そして、観念が見つかったとき、自分に役立たない、真実である必要のない観念は変えるという選択ができるのです。

以上、ダリル・アンカ (著), 大空 夢湧子 (翻訳) 『BASHAR(バシャール) 2006 バシャールが語る魂のブループリント』P.183より引用させていただきました。

以下書いてあることをまとめてみます。

地球人の多くは、お金持ちになりたいと思いつつも、お金持ちにならないふるまいや考えを選択している。

それは、何故か?

お金持ちは、堕落した人間だ。
あるいは
汚いことをしないと金持ちにはなれない。

これが真実であるかどうかには関係なく、そういう観念を持っている場合

お金持ちになることに怖れを抱く(金を持つと堕落する、汚いことをしてまでも金持ちになりたくない)ことになる。

結果、富を遠ざけるような現実をつくってしまう

こんな感じで、定義・観念と質問のプロセスをどんどんくりかえしていく。
そして、役に立たないか、真実である必要性のない観念は変えていく。

その効果

  1. 自分自身のことがわかるようになる。
  2. 本当の自分とそうでないものを見極める力をくれる。
  3. 他の人が、本当の自分自身と一致した状態かそうでないかもわかるようになる。
  4. 誰とつきあうべきか、そうでないか、本能的にわかるようなる。

JPN01006

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ