バシャールの実践:「習慣」の定義を変えてみる 観念を見つけて変えるパワフルな方法 定義を変えると経験そのものが変わる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 77

バシャールの実践:「習慣」の定義を変えてみる

「習慣」に対する地球人の典型的な定義とは

自分ではどうしようもない。どうやったらやめられるかわからない。ただそうなってしまう。

バシャールの言う新しい定義とは

自分が望んでもいない行動を何度もくりかえすのは馬鹿馬鹿しいことだ。
その意味でいえば、「習慣」とは、「自分で気づかずにしている行為」といえる。

この新しい定義を採用した途端、習慣そのものが消える。

習慣があると気づいた瞬間、その習慣は終わるんだという気づきが生まれる。

もし気づいてもそれを繰り返しているのなら、それはあなたがそうすることを「選択している」ということ。

以上、ダリル・アンカ (著), 大空 夢湧子 (翻訳) 『バシャール2006―バシャールが語る魂のブループリント』P.176-178を参考にさせていただきました。

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする