「大いなるすべて」の持つ固有の波動――「無条件の愛」の波動だけが唯一リアルなもの。「現実」と呼んでいるものは、その唯一リアルなものを、パーソナリティの構造を通してフィルターにかけ、解釈した「現実の経験」にすぎない。 by バシャール

シェアする

「大いなるすべて」の持つ固有の波動――「無条件の愛」の波動だけが唯一リアルなもの。
みなさんが「現実」と呼んでいるものは、その唯一リアルなものを、みなさんのパーソナリティの構造を通してフィルターにかけ、解釈した「現実の経験」にすぎません。

以上、ダリル・アンカ (著), 大空 夢湧子 (翻訳) 『バシャール2006―バシャールが語る魂のブループリント』P.50より引用させていただきました。

なので、パーソナリティが、「無条件の愛」と調和した本来の波動、「魂の青写真」とずれていると、ワクワクや情熱をスムーズに生きられないとバシャールは言います。

唯一のリアルが……(無条件の愛の)波動なんですね。

唯一のリアルが波動。
でも、波動ということは何かの波動なはずですが、波動でありかつ何かであるそういうものもあるようなので、ここで言う波動とはそういうなんらかの実体を伴った波動だと思います。