あなたがたを愛する者をあなたがたが愛したからといって、何の恵みがあるだろうか。 : 『ルカの福音書』6章32節

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

あなたがたを愛する者を
あなたがたが愛したからといって、
何の恵みがあるだろうか。

『ルカの福音書』6章32節

以上、福田 勤 (著)『イエス・キリスト 人生に奇跡を起こす言葉―2000年間、人間の魂を磨き続けたメッセージ (知的生きかた文庫)』P.209より引用させていただきました。

同書P.210にはこうあります。

自分を愛してくれる人を愛するのは当たり前。それから一歩進んで、自分を愛してくれない人であっても、こちらから愛しなさいということなのです。

それこそが、無条件の愛、ということですね。

条件のついた愛は、愛とは言えないのかも知れません。

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする