自分のまわりの世界を変えるための一番簡単な方法は、自分を変えることです。 by バシャール #自分のまわりの世界を変える

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 78

自分のまわりの世界を変えるための一番簡単な方法は、自分を変えることです。
(中略)
自分自身の波動が上がったとき、相手のその波動の部分(自分と同じように高い波動の部分)としか交流が出来なくなります。ラジオで局を選ぶように。
そうしてまわりが変わったように見えるのですが、実はあなたが変わったのです。
相手の人の違うレベルと自分の現在のレベルとが交流することになります。

以上、ダリル アンカ (著), 関野 直行 (翻訳)『バシャールペーパーバック〈1〉ワクワクが人生の道標となる。 VOICE新書』P.90より引用させていただきました。

これは!……世界はパラレルワールドだからでしょうか?
パラレルワールドの考え方では、あらゆる可能性はすでに存在しています。

自分が変わると、波動が変わるので、住むパラレルワールドも変わるということなのかもしれません。

面白いのは、物理的な現実はまったく変わっていないのに、自分が変わって、波動が上がると、その波動に見合った相手の部分としか交流が出来ないことです。

依然として相手の変えたいと思っていた部分はどこかに存在しているけど、そこにラジオの周波数が合っていないので、受信出来ない状態なのでしょう。面白いですね。

ラジオで周波数を変えれば違う番組が見られるように、世界は違って見えるが、前に周波数を合わせていた番組がこの世から消えてしまうわけではありません。

2013.8.25追記

で、実際に、具体的には、どうやったら自分は変わるのかといえば
それまでとは観念を変えるってことなんでしょうね。(あるいは、それまでとは観念が変わった自分になるということ)

観念が変われば感情も変わるし、思考パターンも変わるので、結果自分自身の波動が変わると推測できます。

同じことに対して、それまでとは違った解釈をする、それまでとは違った意味づけをする、それが以前とは自分が変わったということなんでしょうね。

あるいはイマジネーションによっても(結果的に)波動を変えることはできそうです。

自分の体にその状況の波動を感じさせてあげることによって、状況が変化しはじめ、夢の実現に近づいていきます。「イマジネーション、想像力を使って、あなたが考えうる最大の夢に一番近いような形を実際につくってみる」です。 by バシャール

イマジネーションによって、そのような状況に自分を置くことによって、あらかじめその状況の波動を感じることができる。

体験する現実は、みなさんの波動の現実なのです。その現実が好きでなければ、それを創りあげている波動を見つけてください。自分の中の一番強い観念は、その現実です。 by バシャール

MIL41048