瞑想をすること、リラックスして自分を見つめること、これらは自分の中にどんな観念があるのかを見るパワフルな方法のひとつなのです。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

瞑想をすること、リラックスして自分を見つめること、これらは自分の中にどんな観念があるのかを見るパワフルな方法のひとつなのです。

以上、ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳) 『バシャールゴールド』P.100より引用させていただきました。

何かひとつネガティブなものを解決しようと始めた瞑想が、予想外にほかのものまでバランスをとりはじめ、自動的にうまくいきはじめることがある。

瞑想などをして、バランスがとれて、さまざまなものが統合される。
自分で意識していないくても、すべてにふれることができる。

これは、現実で起こるネガティブなことの大部分が、無意識の中にある観念によってつくりだされるからだ。

(観念に気づくことは観念を無力化することだし、バランスがとれて統合されるときに、知らないうちに自分が隠していた観念も一緒に統合されるからだろう)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ