「世界は比喩である」「この世界は自分の意識の現れである」「この世界は自分がつくりだしている」ということを理解していく上で一番いいスタートポイントは、自分の中にある平和な部分なのです。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

「世界は比喩である」「この世界は自分の意識の現れである」「この世界は自分がつくりだしている」ということを理解していく上で一番いいスタートポイントは、自分の中にある平和な部分なのです。

以上、ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳) 『バシャールゴールド』P.21より引用させていただきました。

そして、たったいま、この瞬間の自分を認めてあげることが、自分の中に平和をもたらすようです。

それはきっと自分に対する無条件の愛ということでしょうね。

おそらく無条件の愛こそが、幻想でもあるこの世界をつくりあげている、ということなんでしょう。

だから、愛こそすべて、なんですね。

2013.5.23追記

バシャールによると自分の中の平和とワクワク感はほぼ同義なので、やはりここでも、ワクワクがポイントとなるようです。