いまはまだ、すべての列車がひとつの駅に向かって走っています。しかし、2012年からは、線路が切り替わり始めます。分化のスピードが速まるこの5年間の早い段階から、「自分の乗りたい列車」に乗っておいてください。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 88

いまはまだ、すべての列車がひとつの駅に向かって走っています。
しかし、2012年からは、線路が切り替わり始めます。
(中略)
分化のスピードが速まるこの5年間の早い段階から、「自分の乗りたい列車」に乗っておいてください。

以上、本田健 (著), ダリル・アンカ (著), バシャール (著), 江藤ちふみ (編集), 島田真喜子 (翻訳)『未来は、えらべる!』P.208-209より引用させていただきました。

それまでは、すべての列車がひとつの駅に向かっていたのが、2012年からは、線路が切り替わり始める。
2015年からは、その多くが別々の線路を走り、別々の方向に向かっていく。

2025年から2035年頃までには、それぞれの線路は非常に遠くに離れてしまう。
でも、しばらくの間は別の線路に乗り換えることも可能だ。

最終的に線路はおたがいに乗り入れのない状態となる。
さらに、すべての列車が駅から出発してしまったら、乗り換えはまず難しくなる。

以上、バシャールの列車を使った2012年以降、地球のパラレル現実のたとえです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ