みなさんの太陽系において、まず最初に魂が転生するようになったのがマルデック。そこが生存不可能になって、火星で転生を続け、そして火星も生存が不可能になり、地球で輪廻転生を始めたのです。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

みなさんの太陽系において、まず最初に魂が転生するようになったのがマルデック。そこが生存不可能になって、火星で転生を続け、そして火星も生存が不可能になり、地球で輪廻転生を始めたのです。

以上、須藤元気 (著, 編集), ダリル・アンカ (著), バシャール (著), 尾辻かおる (編集), 大空夢湧子 (翻訳)『バシャール スドウゲンキ』P.より引用させていただきました。

マルデック(Maldek)

別名マルドゥーク。
火星と木星の間にあったが、核戦争後彗星や小惑星の衝突によって惑星は破壊され、アストロイド・ベルト(小惑星帯)となった。

火星

大型の隕石が火星のそばを通過したときに、火星の大気圏が破壊された。
火星にあった水分のほとんどは大気圏の外で蒸発してしまった。

ティアマット(Tiamat)

マルデックの前にはティアマットという惑星に転生していた。