命とは、存在の波動であり、無条件の愛とサポートの波動です。そして、「大いなるすべて」の光のエネルギーです。命とは、「大いなるすべて」がさまざまな形で自分自身を経験している、ということです。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 77

命とは、存在の波動であり、無条件の愛とサポートの波動です。そして、「大いなるすべて」の光のエネルギーです。
命とは、「大いなるすべて」がさまざまな形で自分自身を経験している、ということです。

以上、須藤元気 (著, 編集), ダリル・アンカ (著), バシャール (著), 尾辻かおる (編集), 大空夢湧子 (翻訳)『バシャール スドウゲンキ』P.171より引用させていただきました。

これがバシャールの命に対する定義です。

まあこれは須藤元気さんに尋ねられたから答えただけで、そもそも存在するものは永遠に存在するのなら、私たちが言うところの命はあまり意味をなさない気がします。

私たちの言う命は、死の対極にあるからです。

でも、存在は永遠に存在するなら、死も存在しない気がします。

死が存在しないなら、命の意味合いも自ずと変わってくると思います。

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする